金融で取扱いされているICカードの様々な利点と難点

金融で取扱いされているICカードの様々な利点と難点

金融業界でとても注目を浴びているICカード。ではどうしてこれほどまでに注目を浴び始めたのか。それは何と言っても不正防止の為だと言えます。2003年度のクレジットカード業界におけるカード偽造、不正使用の被害はなんと、271・8億円だと言われています。その中でも一番多く被害を受けるのが、クレジットカードなどの磁気に示された情報源だけを盗むスキミング被害でした。

この手口の一番怖い所は持ち主が全く気付かないと言う事です。持ち主が気付かない間に磁気だけに記された様々な個人情報を盗まれ、全く新しいクレジットカードを作られてしまうのです。そして知らない間に高額の買い物をされてしまう恐れがあるのです。そして気付いた時には残高はゼロになっているどころか、身に覚えもない高額請求だけが自分に降りかかってきます。これらの被害を少しでも無くす為にICカードが今世界中から注目を浴び始めているのです。けれど、ICカードにはまだまだ様々な問題点があるのも事実です。その便利さゆえに一枚あたりのコストがかなりかかってきます。

またICカードを使うには絶対必要なのが、ライター(リーター)が絶対必要になってきます。これが無ければただのカード同然です。そしてこのライターが未だ普及していない為にいくらICカードを持っていても全国のスーパーなどで買い物をする時に使う事は出来ないのです。

ではどうすればICカードが普及してくるようになるのか。今言われているがインフラ問題だと言う事。は社会インフラ、システムインフラ、ネットワークインフラの三点が必要になってきます。先ず社会インフラはICカードを受け入れる為の社会的基準、面に利用できる店舗や施設が充実する事が第一と言えます。次にシステムインフラ、電子マネーの発行などをしたり、運営したりする事です。最後にネットワーフインフラ。何と言ってもネットワークがもっと充実する事が一番だと言われています。これから少しずつクレジットカードはICカードに変わろうとしています。だからこそ、今私たちはICカードの事を少しでも学んでおかなければならないのではないでしょうか。

かんたんテント

離婚相談を札幌で探しておりました

太陽光発電 補助金 24年度

ページ一覧

  • TOP
  • 金利の高いクレジットカードと上手なカードの使い方
  • もう迷わない、クレジットカードの正しい選び方
  • 身のまわりにある様々なカードの種類と特徴
  • 電子マネーの上手な使い方と使われ方について